ようこそ ゲスト 様

納得のいくマンション売却を実現

長年住んだり、思い出が溢れていたりするマンションを売却する決断をした際には、様々な事情があるはずです。
また、どのような理由であっても、少しでも高値で売却し、スムーズに手続きをしたいと考えるでしょう。
しかしマンション売却についての知識は、誰もが持っているものではありません。
どのような査定基準なのか、名義が違う場合や、税金はどうなるのか、マンション売却はどのように行われるのかなど、マンション売却に不安や疑問を抱いている人は多くいます。
不安や疑問に付け込み、悪徳な業者などもいるため、安心して任せられる業者を選ぶためにもポイントを抑えておきましょう。
納得のいく業者に任せることで、スムーズにマンション売却の手続きが済みます。

マンション売却を決めたらまず、おおよその相場を調べます。不動産会社に相談を持ちかけて購入者を探してもらう契約を締結、納得できる条件の相手が見つかったら手続きを進める流れです。

マンション売却にあたって、査定価格を高めるコツや不動産会社の選び方を見ていきます。親名義の実家など、自分以外の誰かが持つ物件を売却する際の注意点も確認しましょう。

マンション売却後に発生する税金の中でも高い税額になってくるのが譲渡所得税です。譲渡所得税の計算方法や、控除を受けるための条件などについて知っておくことで損をせずに済みます。

マイホームを手放す際に賃貸として貸し出すか、売却するか迷う人もいるでしょう。賃貸の場合、維持費が発生するため、入居者がいないと修理、修繕などで出費が多くなってしまいます。

住宅ローン残債がある場合でも、希望通りにマンション売却ができることもあります。住宅ローンの返済を始めたばかりで残債が多い、売却想定価格が安いなどの場合は難しいかもしれません。

所有しているマンションを売却する際には、まず業者による査定を受けます。売却する際に注意したいのは、査定金額で売却できるわけではなく、あくまでも目安として考えましょう。

マンション売却までの流れを仲介してくれる業者を通す形で売却を行いますが、仲介業者選びが重要なポイントとなります。マンション売却は、高額なケースが多く、信頼できるかどうかも大切です。

マンション売却を行う際には、実際に売却契約の成立前であっても各種書類を準備する必要があります。登記済権利証や納税通知書、評価額証明書など、ケースによって異なるため、確認しましょう。